玄関ドアの鍵の種類、交換、追加にかかる費用は?リモコン・カード・暗証番号・指紋認証など、玄関の鍵の防犯対策情報もチェック!

玄関の鍵交換費用の相場・防犯対策

玄関の鍵の種類について

玄関の鍵の種類は様々ですが、既存の住宅の玄関に備え付けられているものの大半はシリンダー錠という種類です。
シリンダー錠とは、玄関扉の中に円筒形のユニットを埋め込んで設置するタイプの錠で、扉に固定されている外筒部分と鍵を挿し込んで回転させる内筒部分で構成されています。
シリンダー錠は外筒から内筒に向かって出ているタンブラー(障害片)の隙間に一致する正しい鍵を挿し込んでタンブラーを押し上げ、そのまま内筒部分を回転させることで閂(カンヌキ)を作動させ、施錠・解錠をする仕組みとなっています。

シリンダー錠は様々な種類がありますが、その中でも代表的なのは複数の円盤(ディスク)のタンブラーを持つディスクシリンダーと複数のピン型のタンブラーを持つピンシリンダーの2つのタイプです。ディスクシリンダーは旧式の玄関扉に用いられることが多かったタイプで、複製しやすい刻み鍵を使用して施錠・解錠するので、安価で設置できる反面、防犯性能は低いという問題があります。

ただし、ピンシリンダーでも刻み鍵を使用して施錠・解錠するものはピッキングに弱いので、防犯対策ではピンの数が多くて合鍵をつくるのが難しいディンプルキーで施錠・解錠するものを選ぶのがポイントです。

なお、最近では玄関扉にもピンシリンダー錠ではなく、暗証番号の入力やICカード、指紋や声紋、光彩などを照合する生体認証など鍵を使用せずに施錠・解錠できる電子錠も増えています。電子錠は高価ですが防犯性能は高いので厳重な防犯対策がしたい方にお勧めです。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional